プレゼンターエントリー 利用規約

 

第1条 参加申込 

1.参加者は参加規約(以下、「本規約」といいます。)を承認の上、弊団体が主催するイベント(以下、「本イベント」といいます。)の参加を申し込むものとします。 

2.弊団体は、抽選その他弊団体の裁量により、本イベントへの参加申込を承諾するか否かを決定することができるものとします。

3.弊団体は、抽選の方法及び結果等について、問い合わせを受け付けないものとします。

4.本イベントへ参加する権利は、弊団体により承諾された参加者にのみ帰属し、有償または無償を問わず、第三者に対し、当該権利を譲渡することはできません。

5.参加者が未成年者の場合は、当該親権者は、本規約に同意し、本規約の義務及び責任を参加者と連帯して負担するものとします。

6.参加者は、本イベントにおいてSNSを運用すること、また運用しない場合、参加資格受領後も参加資格をはく奪されることを承諾するものとします。

 

第2条 規約の変更 

弊団体は、本規約の変更が、本規約に基づく契約の目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更 後の内容の相当性その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるときは、民法 548 条の 4 の規定により、本規約を変更することができるものとします。 

 

第3条 映像等の利用

1.参加者は、弊団体又は弊団体の許諾を受けた第三者(以下、「弊団体等」といいます。)に対し、インタビュー、撮影等の取材に無償で応じるものとします。

2.参加者は、弊団体等が参加者に関する本イベントの写真、映像及び記事を新聞、雑誌、書籍、テレビ、ラジオ、インターネット等で利用・公開すること(広告のための利用を含むものとします。以下、個別又は総称して「利用等」といいます。) を無償で許諾するものとします。 

3.参加者は、弊団体等に対して提出された、写真、映像、プレゼンテーション資料等を、参加者に関する本イベント実施の為に利用することを無償で許諾するものとします。

4.本イベントの写真、映像及び記事の著作権(著作権法第 27 条及び第 28 条に定める権 利を含む。)、著作隣接権その他の権利は、弊団体等に帰属するものとします。 

5.前項により弊団体等に著作権が移転した場合の著作物に関する弊団体等による著作権の行使に関して、弊団体等は著作者人格権を行使しないものとする

6.参加者は、本イベントの写真又は映像に、参加者の肖像の全部又は一部が含まれる場合 があることを了承し、弊団体等が当該写真又は映像を利用等することに同意します。 

 

 

第4条 個人情報 

1.参加者及び親権者(以下、「参加者等」といいます。)は、弊団体所定の情報(氏名、性別、生年月日、職業、電話番号、メールアドレス、現住所(市区町村まで)、その他の申込フォームで指定された情報)を弊団体に登録する必要があります。 

2.弊団体は、参加者等の個人情報を以下の目的で利用することができるものとします。

・本イベントの実施のため 

・本イベントの写真、映像及び記事を新聞、雑誌、書籍、テレビ、ラジオ、インターネット 等で自ら利用等し、または第三者に利用等を許諾するため 

・問い合わせ、苦情対応のため 

3.弊団体は、参加者等の個人情報を以下の第三者に提供することができるものとします。

・本イベントの取材をする者

・本イベントに関する業務を受託する者 

4.弊団体は、参加者に対し、弊団体その他の第三者の広告又は宣伝等のために電子メールその 他の広告宣伝物を送信することができるものとします。 

 

第5条 規約等の違反

参加者等が以下の各号に該当した場合、弊団体は、参加者の参加を直ちに取り消すことができるものとします。

a.本規約又は別途弊団体が定める本イベントの注意事項等に違反した場合

b.参加申込の際の登録情報の内容に虚偽や不正があった場合

c.参加申込が不当又は不適切な目的をもってなされた場合

d.他の参加者等に不当に迷惑をかけた場合

e.本イベントに際して、弊団体のスタッフの注意又は指示に従わない場合

f.参加者等が暴力団等に現在関与し、あるいは過去に関与していた場合

g.その他、参加者等として不適切又は何らかの危険が生じるおそれがあると場合

 

第6条 弊団体の責任

弊団体は、本イベントに関連する参加者の負傷、疾病、死亡、紛失、盗難その他一切の事故について何らの責任を負いません。

 

第7条 登録事項の変更

参加者等は、登録事項に変更のあった場合、すみやかに弊団体所定の手続きにより弊団体に届け出るものとします。この届出のない場合、弊団体は、登録事項の変更のないものとして取り扱うことができるものとします。

 

第8条 弊団体からの通知 

弊団体からの通知は、弊団体に登録されたメールアドレスにメールを送信することをもってメールが通常到達すべきときに到達したものとします。

 

第9条 中止及び休止 

弊団体は、天災地変、社会情勢の変化、その他イベントの実施を困難とする事由が生じた場合、本イベントを中止または休止することができるものとします。

 

第10条 管轄裁判所 

本イベントに関し、参加者等と弊団体との間で訴訟が生じた場合、東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

 

(以上)